トップページ  クラウド開発

クラウド開発

クラウドやWebの技術を活用した自社開発システムをご紹介します

クラウド開発とは

従来のアプリケーションのように各端末でのインストールや更新が必要なアプリケーションではなく、GmailやDropboxのように各端末のブラウザから利用でき、各端末でのインストールや更新が不要なクラウドやWebの技術を活用したアプリケーション開発を行っています。
クラウドやWebの技術を活用することで社内業務の効率化をはかり、検査サービスの品質向上に努めています。

自社開発システム群

勤怠管理システム

Webアプリケーションとタブレット端末を使用した勤怠管理のためのシステムになります。
従来の、タイムレコーダー、タイムカード、Excelを使用した勤怠管理を見直し、Webアプリケーション、タブレット端末を使用した自社開発の勤怠管理システムを導入しています。
これにより、ペーパーレス化によるコスト削減と業務の効率化をはかり、検査サービスの品質向上に努めています。

出退勤管理画面
導入前 導入後
入力方法
  • タイムレコーダーで打刻
  • 一人1枚タイムカードが必要(月に1枚)
タイムレコーダー設置場所
タイムカード
  • タブレットまたはPCで打刻
  • Webアプリケーションを使用
タブレットやパソコンで出退勤を打刻
出退勤の打刻画面
管理方法 Excel Webアプリケーション
インクコスト 必要(毎月) 不要
用紙コスト 必要(毎月) 不要
端末コスト 高(市販タイムレコーダー) 低(市販タブレット・市販PC)
各拠点タイムカード回収 必要(毎月) 不要
入力業務の負担
管理業務の負担
データの活用性

不良集計システム

Webアプリケーションとタブレット端末を使用した不良集計のためのシステムになります。従来の、紙媒体とExcelを使用した業務運用を見直し、Webアプリケーション、タブレット端末を使用した自社開発の不良集計システムを導入しています。
これにより、ペーパーレス化によるコスト削減と業務の効率化をはかり、検査サービスの品質向上に努めています。

集計結果を入力する検査員
導入前 導入後
入力方法 紙媒体
検査の集計結果を紙に手書きで書く
手書きの集計結果をExcelに入力した画面
タブレット
不良集計システム画面
集計結果一覧画面
管理方法 Excel Webアプリケーション
インクコスト 必要(毎日) 不要
用紙コスト 必要(毎日) 不要
入力業務の負担
管理業務の負担
データの活用性

これらの項目は自動検査機のクラウド化に結び付けていく予定です。

TOP