自動検査開発サービス

自動検査開発サービスとは

検査対象物を撮影した画像データを解析し(画像処理)、設定した条件に対して適切であるかどうか判定・検査を行うシステムです。お客様のニーズに合わせてご提供させていただきます。このシステムを導入することで、検査員の作業負担軽減や作業効率向上が見込めます。
ヒューマンインターフェイス(操作画面)も自社開発しているため簡単な操作を実現し、機械が苦手な方でもすぐに操作が可能です。また、教育にかける時間も操作が簡単なため大幅に短縮し、コスト低減に繋がります。

製品情報

  • 個数カウント装置

    パターン登録した製品と同じパターンの製品数をカウントするシステムです。瞬時にカウントが可能なため、極小・微小部品のカウントに最適な装置となっております。

  • 異常発見機

    プログラムに正しいパターンを登録し、それと一致しない異常(NG)を発見するシステムです。トレイ詰めされた製品の方向違い・抜け・裏返し・2枚重ねなどを検出することが可能です。

  • 部位検査

    製品の傷・汚れ・凹みなどの不良部分を発見し適合品か不適合品かを判断するシステムです。OK品のみ目視でW検査を行うことで検査員への負担軽減が可能になります。

外観検査コラボシステム

検査員(目視、顕微鏡、拡大鏡、マイクロスコープ)による外観検査外注請負サービスをご依頼いただき且つ自動化をご希望のお客様へ、検査員による外観検査外注請負サービスと自動検査システムサービスの両方を合わせたサービスをご提供させていただきます。
詳しくは、担当営業者へお問い合わせください。

-お問い合わせ-Contact

TEL:0584-92-2238
(平日9時~17時)

お問い合わせフォームはこちらから

TOP